マンスリーマンションの上手な利用方法とは?

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは運営する会社によって異なる場合がありますが、ほとんどは日常生活に必要な家具や家電などが、あらかじめついている短期で契約する賃貸物件です。そのため着替えなどの身の回りのもの、文字通りカバンひとつで入居できホテルのような利便性も兼ね備えています。通常、アパートやマンションなどと賃貸契約を結ぶときは基本的に2年契約であったり手続きも手間がかかる上に、敷金や礼金、引越しなどの初期費用がかさみます。その点、マンスリーマンションであれば敷金や礼金も不要で、短期間の契約が可能です。

マンスリーマンションはどんな人が利用しているのか?

短期で契約できるマンスリーマンションは、サラリーマンの出張や単身赴任などの企業による利用が以前は多く見られました。しかし、最近では個人の利用も増加しています。家の改装工事の間などの仮住まい、受験シーズンの一時的な滞在先、研修やセミナーなどの宿泊先など幅広いシーンで活用されています。賃貸料は前払いであったり、家具などが設置されているため一般の賃貸物件よりは割高に感じますが、面倒な手続きが要らずホテルのような制限もなく自宅にいるかのように過ごせるのがマンスリーマンションを利用するメリットとのひとつといえます。

マンスリーマンションで注意すること

マンスリーマンションは女性専用や駅に近い物件など、時代のニーズに応えたタイプが増えてきました。マンスリーマンションは入居にかかる費用は敷金や礼金は不要ですが、契約する内容によっては一括で前払いのところが多くまとまった金額が必要になる場合があります。また、家具や家電が最初から設置されているので、インテリアに関しては自由になりません。マンスリーマンションは契約の途中で解約すると違約金が発生することもあるので、契約時には内容を確認しておきましょう。

ホテルは宿泊を目的としているので外食が多くなったりしますが、マンスリーマンションは自炊ができるなど通常の生活をおくることができます。