就職のための求人を見るときにチェックすべきこと3選

週休2日制という言葉には注意

週休2日制と書かれている就職の求人もあるのですが、この言葉はちょっと注意をしないといけません。この週休2日制というのは毎週2日間休みというわけではなくて、2日間の休みがある週が1ヶ月ごとに1回以上あるという意味になります。多くが想像している毎週2日間の休みというのは、完全週休2日制のことです。したがって、かなり似ている用語になりますけど、この2つは全く違う意味になるので注意をしてもらいたいですね。特に週休2日制と書いてあるときには、毎週2日間の休みがあるのではないという認識で見ていきましょう。

記載されているのが月給なのか?月収なのか?

就職の求人に記載されている給料が月給か?月収か?の違いはチェックしておきましょう。一般的には月給は毎月固定で支払われる分の総額で、月収はそれに変動分を加えて算出した年収を12分割したものになります。したがって、求人に月収で書かれていると、貰えるであろう金額の最大値になりますが、月給で書かれていると、最大ではないのでそこから月によっては支給される金額が増える可能性があるということになります。ボーナスなどなどが加算されるので、その変動分が加わるということです。この違いも見ておかないといけませんね。

賞与は支給されるのか?

賞与というのは基本的にはボーナスになると思いますが、これは支給されない会社も増えてきています。やはりボーナスは労働者にとって大きな存在なので、貰えた方が望ましいと言えるでしょう。ボーナスがもらえるか?どうかは年収で数十万円以上の差になることもありますから、やはり貴重な存在なのです。賞与を出す企業は求人の時点で書いていると思われますから、求人に賞与という文字があるか?どうかはちゃんとチェックしていった方が良いと思いますね。

プラントの求人に応募をするうえで、求められる人物像をしっかりと確認することはもちろん、応募先の企業の担当者と調整をすることが大事です。