医師のバイトは診療科目ごとに需要が異なるってホント!?

麻酔科医は複数の病院を兼務することもある

大規模病院に勤務していない限りは、手術が毎日あるわけではないので、麻酔科医を常駐させる必要が少ないと考えられます。麻酔科医の勤務時間は、1度入るとアレルギー検査から麻酔導入・手術・回復と連続して勤務する必要があるので、24時間の通し勤務になりやすいです。全ての手順で1つもミスがあってはならないという重圧があり、複数の病院を掛け持ちしている麻酔科医が少なくありません。以前は1つの病院のみに勤務していた医師であっても、報酬を稼ぐために複数の病院を掛け持ちすることになったわけです。

診療科目を増やすことが医師のキャリア形成に繋がる

專門診療科目を増やすことは、時間がかかることですが、常勤医としてだけでなく開業医となる可能性も考慮して、他の病院で別の診療科目をバイト勤務する人が珍しくありません。さすがに全く異なる診療科目を行うことは難しいですが、関連性が高い診療科目ならば、実務経験を積めば問題なく診療所解説時には役立ちます。医学部に在籍している時には分からなかった医師同士の収入格差を実感した医師ほど、複数の診療科目に挑戦する傾向にあるわけです。

当直医は専門の医師に任せると良い

中規模の病院にも当直医は必要ですが、医師の間では交代で行う当直医を嫌う人も少なくありません。とりわけ家庭を持つ医師の中には、当直勤務自体を拒否する人も出ているので、当直医は外部から専門に雇う病院が増えています。実際に当直医を専門的に行っている非常勤医師が少なくありません。なぜなら、診察する患者数はさほど多くないにも関わらず、報酬単価が高いからです。当直医が行う診療行為自体が、入院患者向けであればカルテに担当医から支持されている処置を行うだけで済みます。何より看護師からの支持が厚いことで知られているので、当直医を専門で行う医師にとっては、働きやすいバイトと言えるでしょう。

医師のバイトの応募のタイミングは、自由に選ぶことができ、各人の専門性を発揮しやすいことが大きな魅力です。